自分で自分の可能性を狭めず、何ごとにも興味を持って取り組む

株式会社三永

  • 自分で自分の可能性を狭めず、何ごとにも興味を持って取り組む
  • 興味がない分野も積極的に受け、視野と可能性を広げられた

(2021年11月取材)

アルバイトを通じて社会経験を積み、自分の適性を見極める

時期がきたので就職活動をしたものの、何から始めていいかわからない状態でした。そのため数えるほどしか活動をしていませんでしたが、内定を2社からいただくことができ、そのうちの1社が「三永」でした。この会社を選んだ一番の理由は「人」。「この人のために頑張りたい」と思える人と出会えたことが大きかったですね。

 数少ない就職活動の中で成功できた要因は、アルバイト経験が影響していると思います。アルバイトを通じて社会経験を積むことができましたし、自分の得意・不得意、好き・嫌いといった適性もわかったように感じています。何より継続することの重要性をアルバイトで学ぶことができましたね。アルバイトだけでなく、学生時代は勉強も遊びも全力で取り組むことが肝心。それによって、自分の興味の幅が広がりますし、可能性も広がると思うのです。勉強も遊びもアルバイトも!何ごとも全力で取り組むことで未来を拓いてください!!


(青山 進)

興味がない分野も積極的に受け、視野と可能性を広げられた

いろいろなことに好奇心を持つ性格で、だからなのか仕事に対して「こういう業界に就きたい!」ということがわかりませんでした。学校の先生からは「合同説明会では、興味がない業界・会社もあえて回ること」「1社でも多くの会社の説明を聞くこと」というアドバイスをいただき実践していました。

そこで出会ったのが、「三永」でした。合同説明会のブースがとにかく明るくて楽しそうで、採用担当者の方たちから伝わる「人間関係の良さ」と「人を大切にする社風」に惹かれ、会社説明会・面接を受けることにしました。パチンコは打ったこともなく、この業界にも正直抵抗はありました。でも、それ以上に「人」に惹かれ、最終的に入社を決めました。

当時の就職活動を振り返って思うことは、「興味がない」ということで会社を選別するのはもったいない!ということ。一社一社話を聞くことで、その業界を知るチャンスにもつながりますし、仕事に対して何に重きを置くか再認識できます。いろいろな会社の会社説明会に行ったことで、視野と可能性が広がったように感じています。就職活動は孤独ですが、だからこそ度胸がつきました。行動範囲も広がり、今となっては自分を成長させてくれるチャンスだったと感じています。


(横内 里美)

ログイン 新規
会員登録
LINEで
相談