地域のカーディーラーとして、未来のためにできることを

ネッツトヨタ岡山株式会社

  • 自然を楽しみながら環境保護を学ぶイベントを実施
  • 次代を担う子どもたちに、安全安心な車の楽しさを伝えたい

(2021年11月取材)

自然を楽しみながら環境保護を学ぶイベントを実施

自然環境への意識が高まる今、人と自然が調和した循環型社会の実現に向けて、自動車が果たす役割はますます大きくなっています。そんな社会的要請に応えるため、私たちは地域の暮らしに密着したカーディーラーとして、さまざまな社会貢献活動に取り組んでいます。

例えば「エコキャンプ」や「トヨタソーシャルフェス」といった、自然に親しむイベント。「エコキャンプ」は、キャンプファイヤーや発電実験、植樹といった体験を通じて自然の大切さを学んでいただくもので、これまでにのべ約2500人の親子にご参加いただきました。当社はこの催しに、2000年の初回より特別協賛。エコカー試乗会を開催し、環境にやさしい車の普及に努めています。
「トヨタソーシャルフェス」は、全国各地のトヨタ販売店と地域の方々が一緒になって環境保全活動に取り組むもの。岡山県内では、笠岡市での海岸清掃や新庄村での遊歩道の整備などを進めてきました。その他、地元中学校・高校と連携し、瀬戸内海の海ごみ回収プロジェクトなども行っています。

次代を担う子どもたちに、安全安心な車の楽しさを伝えたい

もうひとつ、子どもたちに大人気なのが、当社店舗で開催する整備士体験プログラム「めざせ!未来のエンジニア」。実際の工具を使って、ネジ締めやタイヤ交換といった作業を体験してもらうとともに、安全の大切さについてもお伝えしています。子ども用メカニックウェアに身を包むと、みんなすっかり整備士になりきって大はりきり。目を輝かせていろいろな体験にチャレンジしていますよ。
2009年からは年1回、トヨタ自動車工場見学会も実施し、自動車の歴史や生産工程、人と環境にやさしい車づくりについて学んでいただいています。
こうした体験を通じて私たちが願うのは、子どもたちに車への興味や関心をもっていただき、将来のエンジニアや車ファンを増やしたいということ。次の世代にも安全で快適なカーライフを提供し続けられるよう、さまざまな取り組みを続けていきます。

また地域スポーツチームへの協賛や「おかやま検定」の受検など、地元・岡山を盛り上げる活動にも積極的。地域の暮らしに密着したカーディーラーとして、地域のため、未来のために貢献していきたいと考えています。

(総務部 副係長/大森雄介)

ログイン 新規
会員登録
LINEで
相談