誰とでも顔を合わせればすぐに会話が始まる、楽しい職場

院庄林業株式会社

  • 冗談も仕事の悩みも、なんでも話せる先輩の存在が頼りに
  • 自分から率先して、みんなが楽しく働ける雰囲気づくりを

登場人物プロフィール

黒瀬 翔平

2017年入社。マネージャーとして、木材商品の販促活動および後輩のサポートを務める。前職は小学校教員で、明るく面倒見のよい人柄で社内のムードメーカーとなっている。

松本 裕輔

2020年入社。営業本部所属。黒瀬さんの下で、住宅メーカーなどへの営業活動を担う。出身は熊本県。オフの楽しみはお酒を飲むことと、ゴルフやランニングで身体を動かすこと。

冗談も仕事の悩みも、なんでも話せる先輩の存在が頼りに

―どのような雰囲気の職場ですか?

松本 部署や世代の垣根がなく、皆さん明るくておもしろい方ばかり。営業部内ではいつも冗談を言い合っているし、たまに工場に行っても、現場の方たちが気軽に話しかけてくれます。

黒瀬 いいことばかり言ってるけど大丈夫?

松本 嘘じゃありませんよ、本当に思ったことを話してますから!
なんといっても黒瀬さんが頼れる先輩で、入社以来ずっと慕っているんです。去年の年末には、私がコロナの影響で帰省できずひとりで寮にいたら、「一緒に飲もうや」って声をかけてくれましたよね。

黒瀬 それは僕も帰省できなくて、部長に「だったら仲良く2人で年越ししろ」って言われたから仕方なく(笑)。まあでも松本くんは、休憩中にものまねバトルを一緒にやってくれるので、いい後輩ですね。

松本 もちろん一緒に遊んでくれるだけじゃなくて、仕事も真剣に教えてくださいます。以前、私の不手際でお客さまにお叱りを受けてしてしまったときがあり、後の対応に黒瀬さんが同行してくださったんです。助けてくれた上に、帰りの車ではやさしく励ましてくださって。そんな先輩がすごくかっこよく見えました。

黒瀬 それも上長として当然の責任を果たしただけですよ。

自分から率先して、みんなが楽しく働ける雰囲気づくりを

—こうした親しみやすい人間関係は、全社を通じてのものなのですか?

松本 そうですね。もともと私がこの会社に惹かれたのも、説明会のときに人の雰囲気のよさを感じたから。この業界は「男の職場」という勝手なイメージがあったのですが、人事の児玉さんをはじめみなさん笑顔で気さくに話をしてくださり、いっぺんに印象が覆されました。

黒瀬 確かに、人の雰囲気は本当にいいですよね。その中でも僕ら営業部が一番にぎやか。そもそもまず部長のキャラが濃くて、楽しい雰囲気を率先してつくってくれるので、どんな話も遠慮なくできます。あと東京にも2人営業メンバーがいるのですが、毎朝zoomで一緒に朝礼をしているので、隔たりを感じることなく仲良くしています。

松本 今年入ってきた後輩もめちゃくちゃおもしろいですよね。

黒瀬 どうせ働くなら、シーンとした雰囲気よりも、みんなでワイワイやるほうが楽しいじゃないですか。もちろんその場に合わせて、きちっと締めるべきところは締めますけどね。社内ではもっとも人と話す機会の多い営業部ですから、できる限り僕たちから積極的にみんなを盛り上げていければと思っています。

松本 本当にいい職場、いい部署に恵まれて良かったです!

ログイン 新規
会員登録
LINEで
相談